『絵図地理五訣』を操る

%e7%84%a1%e9%a1%8c《絵図地理五訣》原著;趙九峰(zhao jiu feng)清(1644年から1912)

内容要約

《絵図地理五訣》は、清の趙玉材が著しました。

玉材の字名は、九峰で、清の有名な風水学者です。

《陽宅三要》も著しました。

《絵図地理五訣》は、風水の古典の中の素晴らしい作品です。この本は、多く有る風水の古典の中で、難しいことを簡単にして龍・穴・砂・水・向の五大原則をまとめました。

作者は、龍穴砂水向は、風水学にとって最も重要だが、最終的には向が全て決定し、

向は、風水学の中の決定条件のため、立向の学問を学ぶことが重要であると主張しています。

この本は、論点が明確で解説がシンプルで内容が奥深いため、この本を出した時から風水学界に地震の様な衝撃を与えました。

その後、風水学の典型的な教材として使われています。

凡例(はんれい)

一.この本は、郭景純の《葬経》、楊救貧(即;楊筠松)の《青嚢経》、劉秉忠の《五尺経》、卜則巍の《雪心賦》、劉青田の《披肝露胆》、譚仲簡の《一粒粟》等の本を参考にしているが、直接の引用では無く、まとめて整理しているため、著作権の問題は生じない様に配慮しています。

二.この本は、《玉髄経》《天玉経》《青鳥経》《黒嚢経》《黄嚢経》《仙婆集》《孝思集》《琢玉斧》《羅経頂門針》《天机会元》《地理人子須知》《一貫堪輿》《三才発秘》《司馬水法》《地理正宗》《地理大成》《地理四弾子》《地学》等の本を参考にしているが、直接の引用では無く、まとめて整理しているため、著作権の問題は生じない様に配慮しています。

三.本書は、解りやすく説明する為に、ロジックを繰り返し説明する箇所があります。

四.地理風水の本は、大げさにしているものが多いが、土地への問題を比較的簡略的にまとめています。良い土地を多く掲載しています。

楊氏曰く「出来るだけ沢山の人が幸せで豊かになるために公表する」という旨を受けて出版しました。

五.地理風水の本は、古代の名所の図解が多い、例えば某書では、ある名所を乗せたら、他の地理の本も同じ様に転載するが、解釈は矛盾するところがあります。

しかし、現代の学者は、その場所に行けないので確認が出来ません。

誰でも理論と現実を確認出来るために、私達の本は、古い墓の見方の理論だけを詳しく説明しています。

この方法を学んだ人は、実際に現場で検証して自然に悟って、教条(状況や現実を無視してある特定の原理原則に固執する応用のきかない考え方や態度)にならないように、検証して頂きたいです。

imag1891

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*