あなたは、若返りをしたいと思いませんか?

皆さんのお蔭で、

無事に2017年開運セミナーを開催しました。

 

20名弱の参加者たちと一緒に、

2時間の講演と1時間の交流会を行いました。

 

たくさんの素敵な縁をいただいて、

感謝しております。

 

そして、

「とても分かりやすくて、よかったです!」

「面白くて、凄く勉強になりました!」

「開運のポイントを知って、すぐ使いたいです!」

の声もたくさん頂きました。

 

 

間違いなく、皆さんにとって

2017年は素晴らしい一年になると思います。

 

 

今日「心の傷の対処法」を書きます。

 

 

私たちは、

創造的に生きるためには、

多少の危険には積極的に

身をさらさないといけません。

 

したがって、

必要に応じて、

少しは傷つく覚悟が必要です。

 

必要なのは、柔靭な心で、

硬い殻ではありません。

 

人を信じて、愛して、

心を通わせることは、

傷つく危険を冒すことでもあります。

 

そして、

傷ついたときには、

二つの選択肢があります。

 

一つは、

二度と傷つかないように、

貝のように硬い殻で

身を守って生きていきます。

 

もう一つは、

傷を修復して、

しなやかで、強く生きていきます。

 

貝は傷つきませんが、

周囲から隔絶されています。

 

安全かもしれませんが、

欲しいものを自分から追及できません。

 

ただ、

獲物がやってくるのを待っています。

 

外界とのやり取りで傷つくことはありませんが、

同時に喜びを知ることもできません。

 

 

心の傷の対処法を紹介します。

 

心の傷を治れば、

生命力や活力といった

若さの源を手に入れることができます。

 

気持ちが若返り、実のところ見た目も

若返ってきます。

 

心の古傷を取り除いたら、

見た目が5歳~10歳も

若返った人を、

男性にしろ、女性にしろ

たくさん見たことがあります。

 

 

周囲に、40歳を超えているのに、

若々しい人はいないでしょうか?

 

その人はむっつりしているでしょうか?

 

いらいらしているでしょうか?

 

腹が立っているでしょうか?

悲しんでいるでしょうか?

 

それとも、

気さくでしょうか?

明るくて、楽しいでしょうか?

 

心理セラピーを使って

心の古傷を取り、

自己イメージを強化すれば、

あなたも見た目を若返らせ、

健康や元気を取り戻せます。

 

そして、

硬い殻ではなくて

丈夫な皮で身を守り、

創造的に生き、

多少の危険には

積極的に身をさらし

成功と幸福を手に入れます。

 

js721_akacyansessya_tp_v

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*