たった1回の心理セラピーで、十数年前の初恋トラウマから脱出

たった1回の心理セラピーで、

十数年前の初恋トラウマから脱出

ELLY091092428_TP_V1
トラウマセッションを受けたクライアントさんから
感想文をいただきました。


 30代 女性 Tさん

昔からよくイライラし、不安を感じていました。

しかし、なぜイライラし、
不安になるのか
原因が

はっきりわかりませんでした。


ただ、なんとなく自分が不完全で、
欠陥があり、価値がない存在だと感じていました。


このような感情や感覚は、
多分、16歳の時に初恋の彼に
拒絶されたことと関係があるのだろう
とうすうす感じてはいました。


表面的には大昔の出来事として
気にしていなかったようですが、
実際には未完治の心の傷として残っていました。


この心の傷が次のような状態や症状を
引き起こしていたのだと思います。
私は、時折、ひどく落ち込んだり
激しい怒りを感じることがありました。

仕事の面では、
お店に来る男性のお客さんに対して
強い不信感を抱いていて、
できれば男性のお客さんを避けたかったのです。

また、日常的に疲れやすく、
肩や首が常に凝っていました。


まさか、たった1回の王さんの心理セラピーで、
10年以上悩んだトラウマから解放される
とは思いもしませんでした。
 
まず、最初に感じたのは、
セッションルームが安全で、
安心できる場所
ということです。


王さんは、冷静で落ち着いて、
ずっと私のそばに居て
心身ともに寄り添ってくれました。
優しい声で私に励ましとサポートを与えてくれました。


ビリーフチェンジという心理セラピーで、
潜在意識の奥深くに私を誘導し、
16歳の原体験に連れ戻していました。


16歳に戻った私は、
その時の大きな悲しみや恐れを
存分に味わいました。


王さんがそばに居てくれるからこそ、
私はその悲しみや恐れに直面する
勇気を持てました。
そして、少しずつ悲しみや恐れを
感じて消化していきました。


興味深いのは、
私はその感情に以前は直面できなくて、
長年逃げまわっていましたのに
直面してしばらくすると、
そうした感情がすっと消えて
すっきりしたことです。


実際に悲しみや恐れに直面してみると、
想像したほどには怖くなかったのです。


最後に、私は完全で、
正常な女性であるということがわかりました。


拒絶されたわたしは何も間違っていませんでした。


拒絶されても、
私の価値は揺るがないことに気づきました。


この一連のプロセスを通して生まれ変わったように感じ、
とても気持ちがよかったです。


セラピーが終わった後、
外の世界が明るくなった気がしました。


その後、私の心は無意識のうちに
多くの変化をもたらしました。


まず、昔から感じていた不安が嘘のように消えました。


気分が穏やかになり、
原因不明のイライラもなくなって、
昔よりタフで疲れにくくなりました


仕事の面でも、
男性のお客さんに不信感を感じる
ことがなくなって、
自然に会話ができるようになりました。


睡眠の質もよくなって、
以前は夜中に何度も目が覚めたのに、
今は朝までぐっすり寝れるようになりました


人生に対する無力感
将来に対する期待に変わりました


もし王さんの今回の心理セラピーを
受けなかったら、
このトラウマがずっと
私の人生の未完治の傷として
残ったかもしれません。


こんなに簡単に治るとは思わなかったトラウマを
簡単に解消することができて
本当によかったです。


王さんには心から感謝しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*