インナーチャイルドを癒し、もっと幸せ、成功になる8つのステップ

こんにちは。

心理セラピストの王晶です。

今日から8月になりましたね。

みなさんはいかが過ごされていますか?

 

今日は

インナーチャイルドを癒すことで、

もっと幸せ、成功になる8つのステップ

をご紹介いたします。

 

インナーチャイルドという言葉は文字通りです。

「内なる子供」、

あるいは、幼少期の自分のイメージです。

 

子供の頃、無条件で受けられるはずだった愛を十分に

受けることができなかった、

突然の出来事でトラウマになったなど、

傷ついた原因はさまざまです。

 

その傷ついたインナーチャイルドは

潜在意識にずっといます。

 

今も私たちの思考や行動に

影響を与えることがあります。

 

ここでは、

私たちのインナーチャイルドを癒すことで、

もっと幸せ、成功になる8つのステップを

紹介したいです。

 

 

 

ステップ1 インナーチャイルドの正体を知る

まず、自分の子供の心を見つけて行きましょう。

 

どんな出来事があった時に、

私たちは反応をしてしまいますか?

 

イライラしたり、

ムカついたり、

悲しくなったり、

怖くなったり

しますか?

 

例えば、

相手のささいなしぐさや

言葉に

敏感に反応してしまうなど、

一定のパターンが見えてきます。

 

それは、インナーチャイルドが

「もう二度と同じ苦しい思いをしたくない」

と自分を守るサインです。今

 

ステップ2 過去の自分と向か合う

今どのような出来事があった時に、

自分の心は乱れるのか

理解したら、過去の自分と向き合ってみましょう。

 

いつから、

同じような感情を感じはじめましたか?

 

そのきっかけは

何でしょうか?

 

悲しすぎて、

怖く過ぎて、

思い出したくないかもしれません。

 

無理に思い出す必要がありません。

 

思い出せる範囲で

感じただけで

十分な癒し効果があります。

 

ステップ3、傷ついたインナーチャイルドの感情を感じる

 

インナーチャイルドを見つけたら、

彼、彼女の感情を

感じてあげてくださいね。

 

どのくらい悲しいか?

怖いか?

怒っているか?

寂しいか?

 

「自分の感情を感じてもいいよ!」

「とても大切な感情だよ!」

 

と言ってあげてください。

 

そして、

この子の感情は

落ち着くまで

一緒にいてあげましょう。

 

感じられた感情は

必ず消化されて

消えていきます。

ステップ4  インナーチャイルドの最初の決断を理解する

インナーチャイルドが落ち着いてきたら、

その時に、

自分はどう決断したのか

聞いてみましょう。

 

例えば、

お父さんが自分を認めてくれない、

自分はだめな人間だと

インナーチャイルドが

思っているとします。

 

子供は自分らしさを抑え、

作りかえることによって、

親に愛されるために

必死で頑張るのです。

もっと楽しく遊びたいが、

テストの点数が良い時だけ

父は認めてくれるから、

点数を上げるために

勉強だけひたすらしていこう

という決意をしたのです。

 

ステップ5、全力で寄り添う

インナーチャイルドの古い決断を聞いたら、

しばらく、一緒に寄り添って下さい。

 

その時の決断は

いいか悪いかを

ジャージしなくて、

ただ聞いて、認めてあげます。

 

「とても

とても

頑張ってきたね。」

 

「愛されるために

一所懸命に努力したね。」

 

「いろいろと

我慢したね。」

 

寄り添うプロセスを行うことによって

癒しが頭から心の奥まで

起こります。

 

ステップ6、新しい決断を考える

インナーチャイルドを癒して、

本当にどんなことが望みだったのか、

どうしたいのか

聞いてみましょう。

 

本当の望みとは、

ありのままの自分が

本来の自分に立ち戻りたい

という心の欲求です。

 

これから、

もう両親に愛されるため、

認めてもらうため、

無駄な努力を手放します。

 

インナーチャイルドの決断したこと、

本当に望むことがわかってきました。

 

これらを感じて、寄り添って

落ち着くまで

一緒に居てあげます。

 

過去と他人は

変えられません。

 

過去の記憶も

両親も、環境も、

変えられません。

 

しかし、

自分と未来は

変えられます。

 

ですから、そろそろ

新しい決断をしましょう。

 

新しい未来を向かって、

もっと楽しく、豊かで、

満たされる決断をします。

 

例えば、

一所懸命にお父さんから

認めてもらいたい子供は、

「たとえ父は

私を認めてくれなくても

自分は自分を認めてあげます。」

 

という新しい決断ができます。

 

ステップ7、幸せな未来をイメージする

 

インナーチャイルドの決めたこと、

そして、本当に望むことが分かってきました。

自分の希望通りの

幸せな未来を

イメージしましょう。

 

自分を制限する思い込みから

抜き出して、

どんどん楽しく、明るく、

望むようにかえって

みてください。

 

そうすると、

自分は重要ではない人間だ、

人の目にいつも気になる、

自信がない、

なかなか行動ができない

 

などなど

から解放されていきます。

ステップ8、本当の自分の存在を知る

インナーチャイルドを癒すと

生まれたばかりの赤ちゃんの自分に

少しずつ現れてきます。

 

私たちは、

生まれた時には、

何も思い込みや、

心の傷、メンタルブロックを

持っていないはずです。

 

自信まんまんで、

元気いっぱいで、この世に

生まれてきました。

 

そんな自分の中に広がった

本当の自分を感じて、

触れてみてください。

 

すると、自分の心も癒されていくのを

実感できます。

 

まとめ

 

いかがでしょうか?

本来の自分を取り戻し、

目の前の世界は

明るくなってきましたか?

 

このインナーチャイルドを癒す8つのステップを

実現して、もっともっと

幸せ、成功するものにしてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*