中国伝統環境地理学の実践ーー 尋龍

風水の全体系統原則

1、適地適用

2、山と水の原則

3、地理形勢原則

4.地質検査原則

5、水質分析原則

6、北に座し南に向く原則

7、真ん中原則

8、葬乗生気原則

9、理気学原則

 

風水における龍の概念

《法家の書物の管子の水地篇》では、

龍は、水から生まれ、五色を放ち、変幻自在で陸海空を渡り歩く存在として、記載されています。

許慎(きょしん58年 – 147年)は、後漢時代の儒学者・文字学者で最古の部首別漢字字典《説文解字》の作者として知られます。

その《説文解字》では、

龍は、虫の長者で変幻自在で春分は天に昇る、秋分は水に潜る存在といて記載されています。

罗愿 (ろうげん1136~1184) の《尔雅翼》では、

龍は、虫の長者、形は九種類の動物と似ている。則、頭はラクダ、角は鹿、目はウサギ、耳は牛、首は蛇、腹は蠍、鱗は鯉、爪は鷹、手足は虎です。背中には、八十一の鱗がある。声は、口が大きく声も大きく、両サイドに髭がある。

龍は中華民族のシンボル

龍に対する崇拝は、長い歴史を持っている。一番最初は、原始社会の民族の崇拝あら始まった。原始人は、氏族毎に、特殊な動物、植物が親族の関係があり、動物、植物がシンボルとされ、守り神の様なものとして捉えられていました。

龍は、強大・飛躍・成功の象徴、精神で、中華民族の魂です。

来龍去脈は、人や物の歴史、あるいは事情の前因後果を例えます。

龍は起伏盤旋の山川形勢

received_1249578581783073_mh1482399771356

日本千葉県鴨川市

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*