12

怒りの感情を使えるようになったら、息子の不登校のお悩みが解消した【事例紹介】

事例紹介

 

Aさん 30代後半 個人事業主

11歳の男の子の母親 シングルマザー

 

Aさんは子供を不自由にさせないために、

日々の仕事を一生懸命に頑張っています。

1年前から息子は不登校になりました。

家にずっとこもっている状態でした。

そして、Aさんは心理セラピーを受けて、

自分の感情に常にふたをする癖があることを気づきました。

何回のセッションを受けて、

少しずつ、

自分の感情に敏感になり、

怒りの感情も使えるようになりました。

「嫌なことは嫌だ。」

と素直に言えるようになりました。

 

不思議に

息子の不登校もなくなりました。

今は毎日規則正しく、学校へ行っています。

 

メンタルブロックのご説明

 

心のブロックからいうと

「怒りを感じするな」

というメンタルブロックです。

Aさんは幼少期に親から怒りの感情を

感じることを禁止されていました。

「女の子は愛嬌だ。」

「女の子は怒ってはいけない。」

と言われて、育てられました。

Aさんは大人になっても、

自分が怒りを感じることを禁じました。

息子さんはそのままお母さんの感情を受け止めました。

本物の怒りの感情は

もともと外に向いて、

敵と戦い、自分を守る力です。

使えないと、内に向いてしまい、

自分と戦い、自分を無力させる

エネルギーになります。

息子は「怒りの感情」を

自分自身に向いてしまって

「代理の感情」の「無力感」になりました。

そもそも「本物の感情」と「代理の感情」は何でしょうか?

 

「本物の感情」と「代理の感情」

 

本物の感情は

「喜び」

「悲しみ」

「怒り」

「怖い」

4種類しかありません。

これらの4つの感情を使えれば、

その場で消化され、

体や心に溜まりません。

とくに「悲しみ」「怒り」「怖い」は

問題の解決の手段として

適切に機能されることができます。

悲しみは過去の問題を解決するため、

大事な人、モノと別れる役目があります。

怖いは将来の問題を解決するため、

危険から身を守る役目があります。

怒りは現在の問題を解決するため、

大事な人やモノ、ルールを守る役目があります。

そして、その4つの「本物の感情」以外の感情は

「代理の感情」ということになります。

 

「代理の感情」とは

 

幼少期に家族で奨励されたり、

禁止されたりすることによって、

特定の「本物の感情」を常に別の

「代理の感情」で書き換えてしまうことを

習慣化してしまいます。

Aさんの場合は、幼い頃に「怒り」を

ストレートに表現することを禁じられ、

「怒り」を感じても、

感情のふたをして、

「しょうがない」と思ってしまい、

「諦めること」を習慣化してしまいました。

 

11歳の息子さんは敏感に

お母さんの「怒りの感情」を感じました。

そして、自分の体の中に

無意識的に貯蓄して、

だんだん無気力になり、

外に出ることを諦めてしまいました。

 

怒りの代理の感情の一覧

 

下記の表は典型的な怒りの代理の感情の一覧です。

代理の感情
自己卑下
劣等感
憂鬱感
罪悪感
自信喪失
無力感
空虚感

(悲しみと怖いの代理の感情はまた別途で)

 

本物の怒りを感じる

 

この「代理の感情」、幼い頃から繰り返し身につけた習慣なので、

矯正するのは並大抵のことではありません。

代理の感情の使い方は

小さい頃に、両親から

「愛されるために」

「生き延びるために」

身につけた大事な戦略でした。

特に、小さい子供は

「本物の怒り」を感じて、

両親に向かってぶつかると

「親にもっと怒られる」、

「親に見捨てられる」

という恐怖に圧倒されます。

この3つの本物の感情の中に

一番感じづらい、使いにくい感情であります。

しかし、いくら「代理の感情」を

感じても、「本物の感情」を消化できないし、

「本物の感情」の役目を果たすことができません。

身体と心と頭に溜まって、

様々な問題、悩みを作ってしまいます。

しかし、

幸いに心理セラピーで、

安全安心の大前提の下に、

「本物の感情」を再学習することができます。

成功や幸せになる鍵は○○にあります。

心理理セラピストの王 晶です。

私が使っている心理療法

幼少期の経験したことを扱うことによって

現在の悩みを解決する手法です。

クライアントさんと一緒に

昔に戻り、その時に経験したことを

見つめて、未完了の感情を完了させます。

なぜ幼少期の経験したこと

という疑問を持っている方も

いらっしゃいますね。

さっさと過去のことを置いて

前向きに

これからのことを楽しんだら

いいでしょうか?

確かに、

心理療法の中には

未来に向けて

ポジディプな感情を使って

問題を解決する手法もあります。

しかし、

私が見る限りは

それだけはうまくいかないみたいです。

なぜならば

昔の経験、癒していない心の傷は

幸せや成功へ前進することを

邪魔しているからですね。

その時の未完了の感情は

私たちの頭や心、体、筋肉、神経に残っています。

過去形ではなくて、

現在進行形になっています。

そもそも本物の感情は

全部エネルギーなので、

昔の未消化、

未解放なエネルギー

現在の邪魔ものになっていますね。

そして、私たちが苦手な感情は

大きいな成功や幸せを

手に入れようとするときに、

邪魔して

大事なチャンス

台無しにしてしまいます。

幼少期に戻るもう1つの原因は

私たちは6歳まで

人生脚本、人格が

出来上がるからです。

命の最初の6年間で

すべての出来事は

「私がどんな人間になる」、

「私が誰だ」、

「私がどんなあり方であるべきだ」

を決定してしまいます。

6歳までに出来た人生脚本は

6歳以降の人生に

どのように生きる、

どのように他人と接する

バイブルになります。

すべての状況では

そのバイブルが

行動、思考、感情の指針になります。

もちろん

良い人生脚本なら

そのあとの人生も

選択の自由度が大きくて

豊かで、柔軟性がある人生になります。

もし色々な制限をかけられている

人生脚本なら

大人になっても、

幼少期と同じように

時々に不自由を感じてしまいます。

そのかけられている制限は

心理療法で

ビリーフと呼んでいます。

ビリーフは決して悪者ではありません。

ビリーフは私たちが小さい時に

生き延びるために、

愛されるために

身に着けたものです。

ただし、今はもう必要がないかもしれません。

30の成人は

6歳の子供靴を履いている場面を

想像してみてください。

きっと苦痛になるでしょうね。

私は占いもできないし、

超能力も持っていないのです。

私ができる仕事は、

ただ、クライアントさんと一緒に

今まだ履いている6歳の子供靴を

見つかって、

脱いでもらって

今の足のサイズに合う靴を履く

新しい決意ができるように

協力するだけです。

ピンと来る方は気軽にご連絡くださいね。