思い込みを取り払うための4つの質問

思い込みを取り払うための方法は

色々とあります。

今日、思い込みを取り払うための

四つの質問を紹介いたします。

 

「売上が低迷している」

「サービスに自信がない」

「クロジングができない」

・・・

 

の一番の原因は、

あなたのマインドセットかもしれません。

 

「売れない」

「良くないサービス」

「買ってくれない」

と思い込んでいるからです。

 

ネガティブな行動の背後にある、

自分や世界や他人についての思い込みを

突き止めてみましょう。

 

成功を手中に収めようとしている時に、

決まって何かが起こり、

失敗してしまってはいないでしょうか?

 

 

あなたは、ひょっとしたら、

ひそかに自分が売れる人間に値しない

と思っているのかもしれません。

 

ひょっとしたら、

自分のサービスが劣っているとか、

周りの人々は、自分に好意を抱いていない

と思い込んでいるかもしれません。

 

人間の行動や感情は、

思い込みから生まれるということです。

 

あなたの行動や感情を生み出した思い込みを

取り払うためには、

自分自身に「なぜ?」と

尋ねてみます。

成し遂げたい仕事や自分を

表現したいと思っている手立が

あるのに、「できない」と

思って、尻込みしてはいないでしょうか?

 

そんな時に、

自分に

「なぜ、私はできないと思っているのでしょうか?」

と。

 

それからこう自問します。

「この思い込みは本当の事実に

基づいているのだろうか?

それとも憶測に

基づいているのでしょうか?」

 

そのうえで、自分に次の四つの質問

をしてみましょう。

1,その思い込みに合理的な理由が

あるだろうか。

2,間違ってそう思い込ん

ではいないだろうか。

3,同じような状況にいるほかの人にでも、

自分は同じ結論を下すだろうか。

4,そう信じるに足る理由がないのなら、行動したり、感情を抱いたりしつづけるのだろうか

 

なぜ自分はそれが真実であるかのように

この4つの質問を真剣に考えてください。

 

あなたは「事実」ではなく

「思い込み」によって、

手に入れたい成果を

入手できないことに

気付くでしょうか?

 

もし気付いたら、

怒りを掻き立てましょう。

 

時として、

怒りは

間違った考えから

私たちを解放してくれます。

 

クライアントAさんのお話です。

起業して4年はずっと赤字でした。

自分は実業家に向いていないのではないか?

自分が好きな仕事を手掛けても、

成功することができるでしょうか?

と悩み続けていました。

 

悩み続けて、意気消沈で、

なかなか次の行動を起こす

ことができなかったです。

 

しかし、そのあと

彼女は心理カウンセリングを受けました。

 

このきっかけで、

自分の中の「何か」、「新しい自分」を

呼び覚ました。

 

何回かを練習したら、

「怒りの感情」もちゃんと

使えるようになりました。

 

そして、次から、次へと、

新しい行動を起こし、

ビジネスは次第に

順調に軌道に乗りました。

 

それから1年以内に

夢にも思わなかった成功を

ものにしました。

 

売上はなかなかアップできない時に、

ぜひ、「この思い込みは本当の事実に

基づいているのだろうか?

それとも憶測に

基づいているのでしょうか?」

 

そのうえで、自分に四つの質問

をしてみましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*