あなたは、無理に頑張ることはないでしょうか?

m020280

もしあなたは、
無理に頑張ることはあったら、
すぐやめたほうがいいです。

なぜならば、
セールス、会社経営、
商品開発、顧客関係維持など、
どんなお仕事であろうと、
懸命に、意識的に、
活動を工夫する必要はないからです。

むしろ自然に、
リラックスした状態で
あなた自身を活動させることなのです。

NO1のセールスマンでも、
営業活動の際に、
どの言葉を選んだらいいかを
意識して考えようとすると、
一つの商品さえも
売れなくなってしまいます。

セールスをし始めの頃は
意識して考えて売っているのだが、
練習するうちに、
自動的に習慣のように
言葉がでるようになります。

意識的な努力をやめ、
商品を売るという行為を、
成功メカニズムの一部である
習慣的な無意識のメカニズムに
委ねられる域に達したからこそ、
NO1のセールスマンになれるのです。

そして、どうしたら、
習慣的な無意識のメカニズムに
委ねられる域に達すことができるでしょうか?

まず、学習の4段階のお話は聞いたことがありますか?

どこかで聞いた覚えがあるかも知れません。
1、無意識による不能
2、意識による不能
3、意識による可能
4、無意識による可能

1の段階では、
自分が何を知らないのかも
わかっていません。
2の段階では、
何が自分にとって難しいのかを痛感します。
3の段階では、
なんとかできるようになるが、まだ実行するのが大変で、
意識的な思考や、
ときには意思の力にも頼らなければなります。

やがて4の段階に達すると、
難しかったことが自動的にできるようになります。

これは、子供が漢字の書き方を習得するにせよ、
大人がパソコンの操作を覚えるにせよ、
あらゆる学習経験をかなり正確に表しています。

私たちは、だれもが才能をもっていて
多くの場合、
その才能は目覚め、
解け放たれ、勢いづき
利用されるのを
待っているのです。

無理に頑張るのを
やめて自然に任せ、
自分の行動について
気にしないようにすれば
創造的かつ自然に行動でき、
本来の自分になれます。

セールス、会社経営、
商品開発、顧客関係維持など、
やがて4の段階に達すると、
難しかったことが自動的にできるようになります。

ぜひ、この4段階のことを
少しずつ
実践してみてください!

会社経営者はとても孤独ですか?

20140601-P6010043_TP_V1今日のお悩み相談者は、

経営者のH様です。

 

「とても孤独です。」

「孤独を解消する方法はないでしょうか?」

というご相談です。

 

誰でも、

孤独を感じる時があります。

 

しかし、

極度の孤独感

――

他の人から

切り離され、

疎外されている

という感覚をずっと

抱いているとしたら、

それは

凄く危険なことですね。

 

なぜなら

人生から疎外しますからです。

 

真の自分と離れてしまいます。

 

真の自分との一体感のない人は、

人生との根本的なつながりを

絶ってしまっています。

 

孤独だと感じている人は、

悪循環に陥りやすいです。

 

真の自分との一体感がないために、

人とのふれあいでも

満足感を得られません。

社会から離れて引き籠ります。

 

孤独は、

自己防衛のための一つの手段です。

 

ありのままの自分を

丸出しになって、

傷つくのを防ぐために、

他人とのコミュニケーションの繋がり、

とくに感情の繋がりを

断ち切ります。

 

しかし、

孤独な人ほど、

自分には友人もいないし、

付き合う相手もいない

と言います。

 

そして、

相手のほうから

自分のところにきたり、

行動を起こしたり、

自分を楽しませてくれるのを

待つという受け身の姿勢を取りがちです。

 

 

主に人と近づくと危険だという思い込みは

悩みの原因になります。

 

対人スキルでは?

 

と思いますよね。

 

ですが思い込みが原因でもあの悩みは出ます。

 

さらに言うとこういう悩みには

対人スキルは効きません。

 

なので、

制限する思い込みを書き換えるのが良いですね。

 

人と親密になりたいと思うのに

親密になれない場合はご予約下さいね。

 

ご予約はこちらからどうぞ

 

 

 

smartphone_top

思い込みを取り払うための4つの質問

思い込みを取り払うための方法は

色々とあります。

今日、思い込みを取り払うための

四つの質問を紹介いたします。

 

「売上が低迷している」

「サービスに自信がない」

「クロジングができない」

・・・

 

の一番の原因は、

あなたのマインドセットかもしれません。

 

「売れない」

「良くないサービス」

「買ってくれない」

と思い込んでいるからです。

 

ネガティブな行動の背後にある、

自分や世界や他人についての思い込みを

突き止めてみましょう。

 

成功を手中に収めようとしている時に、

決まって何かが起こり、

失敗してしまってはいないでしょうか?

 

 

あなたは、ひょっとしたら、

ひそかに自分が売れる人間に値しない

と思っているのかもしれません。

 

ひょっとしたら、

自分のサービスが劣っているとか、

周りの人々は、自分に好意を抱いていない

と思い込んでいるかもしれません。

 

人間の行動や感情は、

思い込みから生まれるということです。

 

あなたの行動や感情を生み出した思い込みを

取り払うためには、

自分自身に「なぜ?」と

尋ねてみます。

成し遂げたい仕事や自分を

表現したいと思っている手立が

あるのに、「できない」と

思って、尻込みしてはいないでしょうか?

 

そんな時に、

自分に

「なぜ、私はできないと思っているのでしょうか?」

と。

 

それからこう自問します。

「この思い込みは本当の事実に

基づいているのだろうか?

それとも憶測に

基づいているのでしょうか?」

 

そのうえで、自分に次の四つの質問

をしてみましょう。

1,その思い込みに合理的な理由が

あるだろうか。

2,間違ってそう思い込ん

ではいないだろうか。

3,同じような状況にいるほかの人にでも、

自分は同じ結論を下すだろうか。

4,そう信じるに足る理由がないのなら、行動したり、感情を抱いたりしつづけるのだろうか

 

なぜ自分はそれが真実であるかのように

この4つの質問を真剣に考えてください。

 

あなたは「事実」ではなく

「思い込み」によって、

手に入れたい成果を

入手できないことに

気付くでしょうか?

 

もし気付いたら、

怒りを掻き立てましょう。

 

時として、

怒りは

間違った考えから

私たちを解放してくれます。

 

クライアントAさんのお話です。

起業して4年はずっと赤字でした。

自分は実業家に向いていないのではないか?

自分が好きな仕事を手掛けても、

成功することができるでしょうか?

と悩み続けていました。

 

悩み続けて、意気消沈で、

なかなか次の行動を起こす

ことができなかったです。

 

しかし、そのあと

彼女は心理カウンセリングを受けました。

 

このきっかけで、

自分の中の「何か」、「新しい自分」を

呼び覚ました。

 

何回かを練習したら、

「怒りの感情」もちゃんと

使えるようになりました。

 

そして、次から、次へと、

新しい行動を起こし、

ビジネスは次第に

順調に軌道に乗りました。

 

それから1年以内に

夢にも思わなかった成功を

ものにしました。

 

売上はなかなかアップできない時に、

ぜひ、「この思い込みは本当の事実に

基づいているのだろうか?

それとも憶測に

基づいているのでしょうか?」

 

そのうえで、自分に四つの質問

をしてみましょうね。

人と親密になりたいと思うのに人と親密になれない

悩みと課題を根本改善する

西新宿のメンタルケアサロンです。

 

人と親密になりたいと思うのに

親密になれない場合はどうすれば

良いのかについてです。

 

人と親密になりたいと思うのに

親密になれない。

特に大事な顧客と取引先。

 

これ悩みますよね。

 

こういう場合の原因はここです↓

主に人と近づくと危険だという思い込みは

悩みの原因になります。

 

対人スキルでは?

 

と思いますよね。

ですが思い込みが原因でもあの悩みは出ます。

 

さらに言うとこういう悩みには

対人スキルは効きません。

 

なので、

制限する思い込みを書き換えるのが良いですね。

 

人と親密になりたいと思うのに

親密になれない場合はご予約下さいね。

 

ご予約はこちらからどうぞ

「どんなに業績がよくても、満足感が持てない」お悩み相談

「どんなに業績がよくても、満足感が持てない」

「本当に自分の性格が嫌いだ」

という悩みの相談がありました。

 

 

 

相談しに来た経営者は、

とても努力家の40代の素敵な女性A様です。

 

A様は、本人が考えているより

素晴らしく賢く強く才能がある女性です。

 

A様は、いくら頑張っても、

どんなに業績が良くて、

満足感が持ていないのです。

 

 

 

実は、

私たち人間の性格、

つまり「現実の自己」は

いつでも不完全で、

目標に届いていない事実があります。

 

 

 

一生の間に

本当の自己が

もつ潜在能力をすべて

発揮・実現できる人は

いないからです。

 

 

 

「現実の自己」の中で、

本当の自己がもつ可能性や

パワーをすべて出し切ることはできません。

 

 

 

私たちは、

一生を通じて

常に理想の目標へ向かって

突き進んでいるが、

そこに到達することはありません。

 

 

大切なのは、

この現実の自己を

いくら不完全であっても

受け入れるということです。

 

 

 

心理セラピーを受けることによって

自分自身のメンタルイメージを変えることです。

 

 

つもり

自分についての評価や認識を変えることです。

 

 

現在のA様は、

これまでずっとそうで、

これからもそのままです。

 

 

 

新しいA様を生み出したわけではないし、

変えられるわけでもないのです。

 

 

しかし、

A様はそのことを認識し、

真の自己に対するメンタルイメージを

手に入れて、自分に備わっているものを

最大限に活用することができます。

 

 

もっと立派な人になろうと必死に

なっても駄目です。

 

 

真のメンタルイメージを手に入れるとは、

現在の自分を

長所だけではなく、

短所や過ちもすべて、

あるがままに受け入れることです。

 

 

マイナスな要素は

自分の属性であって、

自分そのものではないと

わかれば、

自分を受け入れるのは、

優しくなります。

 

 

自分を健全に受け入れたがらない

人が多いのは、

自分と自分の短所を同一視しようと

するからです。

 

 

A様は

「どんなに業績がよくても、

満足感が持てない」

「本当に自分の性格が嫌いだ」

という悩みの原因は、

さきほど述べた

自分と自分の短所を同一視しようと

する思い込みです。

 

この思い込みは

A様を苦しめたり、

悩ませたりしていました。

 

そして、制限した思い込みから、

現実の苦しみや悩みを作ってしまうという

ことになるのです。

 

つまり、A様の悩みに対して、思い込みを

書き換える理由は次の2つです。

 

1)A様を苦しめたり、

悩ませたりしていた悩みは、

業績や、性格のことではなく、

制限された思い込みが原因で

苦しんでいたから

 

2)そのため、

幼少期から形成された思い込みを

書き換えるために

心理セラピーをするから

 

心理療法で

A様を自然に自分らしく

頑張っても、満足を感じて、

今のままの性格で

居ても大丈夫な状態になりました。

 

 

お悩みの原因は制限された思い込みにあるならば、

どうすればいいのか

と気になると思います。

 

当サロンでは、思い込みが原因の悩みや

性格を改善することができる

心理療法を使っています。

 

心理療法なら、

現在の生きづらさや悩みの原因になった

幼少期に刷り込んだ思い込みを

解除することが可能です。

 

そして、A様を自然に自分らしく

頑張っても、満足を感じて、

今のままの性格で

居ても大丈夫な状態になりました。

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

完全予約制で心理カウンセリングを行っておりますので、

ご希望の方は下記のお申込フォームでご予約下さい。

ご予約はこちらからお願いします。

お申込はこちらから  虹

 

(申込フォームは24時間受付)

 

【電話受付時間】

電話 050-5308-2444

AM9:00~12:00

PM2:00~7:30

土・日・祝 休診ですのでご予約はお受けしておりませんのでご了承ください。

 


メンタルケアサロン 東京都西新宿 

受付時間  料金    お客様のご感想  

ご予約 

お申込はこちらから  虹


 

土・日・祝日は休診です